SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

福井市日光整骨院健康ブログ

福井県福井市日光2丁目にあります日光整骨院です。当院では、最新治療機器(微弱電流治療器エレサス)、ハイトーン治療器ハイチャージ、高電圧治療器ハイボルテージ、超音波治療器)を利用した電気治療と、超音波画像診断機による画像診断。そして、はりきゅう治療、スポーツマッサージ治療を有効に活用し、スポーツ障害(スポーツ外傷)、交通事故治療(むち打ち治療)に力を入れております。バレエ、野球、陸上、卓球競技に帯同してトレーナー活動もしております。
身体の事で悩まれている方は、是非お気軽にお問い合わせください。
日光整骨院 www.t-nikko.com
<< 週末は酔い耀く「酔耀会」 | main | 自然の中の小さな命。 >>
腓骨筋腱脱臼で悩みの方が多くいます。
0
     ここ数日で、次々とコメントが来ました。




    悩みは相談しましょう。




    私だけの案だけでなく、周りの方の意見もあるかもしれません。




    チリも積もれば大きな山になるのです。




    コメントから、多くの方が意見交換できる場になることを嬉しく思います。




    しばらく、ブログ更新出来ていませんでしたが、今後も出来る限り頑張ります。



    皆様の御健康と御多幸をお祈りします。
    | スポーツ障害・急性・慢性疾患 | 00:36 | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |
    うりぼー様
    返信遅くなり申し訳ありませんでした。
    痛みが出ない可能な範囲での運動はされても結構かと思われます。
    しかし、脱臼を誘発するような動きは絶対にしない方がいいですよね。
    手術はその時の状況によると思います。アスリートとして運動を続けるのならするべきでしょうし、レクレーション程度に楽しむだけであれば必要ないかもしれませんね。
    実際には、手術しないで生活している方はたくさんいますよ。子供さんが成長したときに一緒相談して決めるのをお勧めします。そして、今現在、そのような症状を持っていることを充分に自覚しておいてもらえるといいかもしれませんね。
    強い捻挫が起こらないように十分に注意して運動を頑張ってください。
    | 院長吉田 | 2012/11/30 9:59 PM |

    初めまして!小学6年生の息子ですが、昨日病院で腓骨筋腱の脱臼と診断されました。春先から足首が鳴る症状があったようですが、全く解らず11月頭から足首を動かすと脱臼してたようです。腱も切れてるらしく、成長期が終わったら手術をした方が良いと言われました。昨日は、テーピングの固定とバンド?を処方されました。サッカーをやっているのですが、今まで通り続けて大丈夫なものなのでしょうか?運動中にかかわらず、痛みがある時とない時とがあるようですが、激痛が走るような事はないようです。また、成長期が終わったら手術した方が良いのでしょうか?
    | うりぼー | 2012/11/29 8:41 AM |

    お久しぶりです。
    空手家さん、ありがとうございます。
    その後約1か月のリハビリを続け、ほぼ完治したようです。
    体が柔らかすぎるのが原因でもあるようで、週4日、足の指、上半身、下半身の筋トレを交互に行ったようです。相当きついトレーニングだったようで部活よりもクタクタになって帰ってきていました。リハビリを開始してからプロテインも飲み始めたので体が太く一回り大きくなったようです。
    経過は順調で10月末から軽めに練習参加し、今月に入ってから練習試合で投げました。球速も上がり、全力で走れるようにもなったようです。本人いわく90%完治だそうです。
    本当によかったです。
    しかし、次回やったら手術かもと言われてますので油断はできません。トレーニングと疲れを溜めない事が大切ですよね。
    | 球児父 | 2011/11/17 5:07 PM |

    携帯をスマートフォンにしてから使い方に悪戦苦闘していたので書き込みできませんでした。
    以前書き込みしたように自分も腓骨筋腱脱臼と去年の10月に診断されてから一年が過ぎました。
    球児父さんの息子さんの今現在の辛い気持ちが少しでも楽になるのならいいなと思い書き込みします。
    野球やスポーツ同様に諦めたらダメだと自分は思います。とにかく今は脱臼しないように安静!そして炎症があるなら先ずは炎症を抑えること!筋力強化などのリハビリは、その後だと経験上、思います。
    自分の今現在の現状は多少の違和感はありますが空手は続けています。
    ガチでの組み手!来月には試合も控えてます。ちなみに極真空手です。
    手術は最終手段!やれることは、やってみる!諦めたら負け!息子さんの今後の回復を自分も願っています。
    | 空手家 | 2011/10/14 12:02 AM |

    院長吉田様
    ありがとうございます。 結局今はしばらく様子を見て判断するしかないですね。
    分かってはいるのですが悪い方悪い方に考えがちで、誰かとコンタクトを取っているだけでも安心します。
    今まで大きな怪我をした事のない子供だったのでこのような事態になり改めて親バカというかジタバタする自分に情けなさを感じています。
    吉田さんの言うとおり不都合と不安感は息子が一番感じているはずです。
    そんな素振りを見せない前向きな息子が精神的にも強くなったんだなぁと頼もしく感じるのも皮肉にもこのような経験をしたからなんでしょうね。

    どうなるものか、今後の経過をお知らせいたします。
    | 球児父 | 2011/09/22 12:07 AM |

    不安感や、不都合は息子様ご自身が一番感じると思います。

    応援しています。もしよろしければ、結果を聞かせてください。
    | 院長吉田 | 2011/09/21 12:48 AM |

    返信ありがとうございました。

    本人の希望通り、今はとりあえず担当医の先生の言うとおりリハビリとトレーニングをして復帰という方向に決めました。
    しかし親としては半信半疑というか複雑な心境で1年生ということも考えれば今手術をした方が良いのではと考えてしまいます。
    まさに右投げ左足負傷です負担は大きいと思います。
    もうしばらく様子を見てみようと思います。
    | 球児父 | 2011/09/20 9:18 AM |

    球児父様へ

    トレーニングで、少し様子を見て頂いてかまわないと思います。

    実際には軽い脱臼症状があってもスポーツをされている方は多くいます。その後も再負傷という形で軽い捻挫が起こった場合に、少し痛があるものの、安静にした後スポーツに復帰する方も多くいますよ。

    ただ、投手ということもあり、もし、右投げ左足負傷であればものすごい負担が掛かりピッチングにも影響が出るのは間違いないでしょう。

    今、急性期であれば、しっかりとした固定と安静が重要です。
    そして落ち着き次第、無理のないトレーニングに励み、冬の時期に思うようなプレーが出来ない場合は担当医の先生と手術のご相談をしてはいかがでしょうか?
    | 院長吉田 | 2011/09/20 12:13 AM |

    初めまして。
    高校生、野球部、投手の息子が1か月前に足首を負傷し
    腓骨筋腱脱臼との診断結果でした。
    先生の話では症状は軽度だと思うとの事で筋トレのリハビリで治療するそうです。
    頻繁に腱がずれたりする訳ではなく、現在は普段の痛みはなく、足首を回せる状態です。強めに踏み込んだり、走ったり、バットを振ったり等はまだ出来ないようです。

    本人は徐々に痛みは少なくなっているといいますが、
    本当に完治するのか? 再発するのではないか?が心配です。
    リハビリや今後のトレーニングによる筋肉の付け方にもよるのでしょうが、
    この冬の期間に手術をした方が良いのではと言う方もいて、迷っています。
    | 球児父 | 2011/09/18 9:40 PM |










    トラックバック機能は終了しました。