SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

福井市日光整骨院健康ブログ

福井県福井市日光2丁目にあります日光整骨院です。当院では、最新治療機器(微弱電流治療器エレサス)、ハイトーン治療器ハイチャージ、高電圧治療器ハイボルテージ、超音波治療器)を利用した電気治療と、超音波画像診断機による画像診断。そして、はりきゅう治療、スポーツマッサージ治療を有効に活用し、スポーツ障害(スポーツ外傷)、交通事故治療(むち打ち治療)に力を入れております。バレエ、野球、陸上、卓球競技に帯同してトレーナー活動もしております。
身体の事で悩まれている方は、是非お気軽にお問い合わせください。
日光整骨院 www.t-nikko.com
<< 尋常性乾癬について考える | main | 夜尿症!何とかしてあげないと。 >>
ジャンパーズニー(膝蓋靭帯炎)とマジックテープの音
0

    今日は1日良い天気でした。春よ早く来い!もしかして、もう来てるの?



    さて、今回はマジックテープの音についつい反応してしまう私の話。
    そして、ある症例の報告です。



    毎回インディアカの練習を終えると、あちこちでマジックテープの音がします。



    右から音がすれば右を向き、左から聞こえれば左を向く。



    あちこちと忙しいですが、チームメイトの皆が過去にどこを痛めているのか、、
    今現在どこを痛めているかのチェックをします。



    やはり多いのが、膝周りの怪我ですね。あと、目立つのが、足首。
    そして、ふくらはぎですね。



    これからは、どうすることでチームメイトに怪我をさせないか、また、怪我をしない環境を作ることが出来るかを考えないといけないなと思っています。



    マジックテープのお話はここまで!



    そして、本題です。
    実は、先日から来られている患者さんですが、運動していないのに膝蓋靭帯炎になっている例を紹介します。



    発生機序は至って簡単なのですが、仕事が原因になっています。
    物を持って立ったり座ったりを繰り返すということで、かなり膝に負担がかかっていると考えられます。



    仕事を続ける限り症状の改善は難しいようにも思えます。
    しかし、仕事を辞めるわけにもいきませんね。



    膝蓋靭帯炎ですが、反復する膝関節の屈曲、大腿部の過緊張も原因になると思います。



    当院では、微弱電流の貸し出しを行い、自宅でも治療が出来るように心掛けています。
    治療に来ている時間よりも自宅での滞在時間がはるかに長いですからね。



    テーピングと、自宅での生活習慣も治療には重要になります。
    指導していると、けっこう時間がかかりますが、治るためには時間はぜんぜん惜しくない!



    みなさんそう思いますよね。



    時間が無い方には、的確な治療法で結果を出す治療。
    時間がある方には、全体的な治療で満足いく治療!



    どちらにしても、治らなければ意味がない!



    術者、患者の精神が一致した時こそ、最大の治療効果が得られるのは言うまでもない。



    明日からも、良き施術者で有れる様、さぁ、今日も今から勉強さ!



    またみての

    | スポーツ障害・急性・慢性疾患 | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.t-nikko.com/trackback/981386