SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

福井市日光整骨院健康ブログ

福井県福井市日光2丁目にあります日光整骨院です。当院では、最新治療機器(微弱電流治療器エレサス)、ハイトーン治療器ハイチャージ、高電圧治療器ハイボルテージ、超音波治療器)を利用した電気治療と、超音波画像診断機による画像診断。そして、はりきゅう治療、スポーツマッサージ治療を有効に活用し、スポーツ障害(スポーツ外傷)、交通事故治療(むち打ち治療)に力を入れております。バレエ、野球、陸上、卓球競技に帯同してトレーナー活動もしております。
身体の事で悩まれている方は、是非お気軽にお問い合わせください。
日光整骨院 www.t-nikko.com
<< 続いて今日は多汗症。手掌と足底。 | main | 本州縦断! >>
気になる便秘、呼吸法で改善の可能性あり。
0
    今日もニッコリ吉田です。



    今日は少し肌寒い気候です。風邪ひかないように注意しましょう。



    今日の話題呼吸です。呼吸法っていろいろな所で使われてますよね。



    特にヨガや、体操などで、よく聞きます。



    この呼吸、実は自律神経とのかかわりが非常に強いんです。



    自律神経とは、交感神経と副交感神経に分けられます。



    簡単に説明すると、交感神経は、日中活動的なときによく働く神経です。
    交感神経が働くと、瞳孔は拡大し心臓の拍動は速くなります。
    また、血管は収縮して血圧を上げます。

    では、副交感神経では逆に働きます。就寝時や休息中、リラックスしている時によく働きます。内臓機能もよく働くといわれていますね。



    自律神経は、運動等の活動以外に、精神的な刺激に対しても働きます。興奮したとき、緊張したとき、悩みや不安をかかえているときなどに反応して交感神経が働きます。



    悩みや不安を持っていると、交感神経が優位になってしまいます。
    寝つきが悪い等の症状はこういった不安や悩みから来る場合が多いかもしれませんね。



    実際に便秘はどういう理由で起こると考えられるでしょうか?
    交感神経が優位になって起こる可能性が強いと考えられます。
    逆に、副交感神経の働きが鈍くなっているのも目立ちます。




    そこで、しっかりと意識をした呼吸により副交感神経の働きを活発にすることが出来るので、紹介します。



    立った姿勢で、5秒間鼻から吸います。そして、次は10秒かけて口からゆっくりと吐きます。


    朝夕2回、3分間行うと有効だと思われます。



    これはあくまで基本ですので、呼吸が辛ければ3秒吸って6秒吐くでも結構です。



    本当に簡単ですが、これで、副交感神経の働きが良くなり一つの解消法になります。



    是非、試してみて下さい。



    その他、簡単な運動方法もあります。次回、もしくは当院にてお伝えしますね。



    では、今日も1日元気に行きましょう!




    またみての
    | 医療情報 | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。