SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

福井市日光整骨院健康ブログ

福井県福井市日光2丁目にあります日光整骨院です。当院では、最新治療機器(微弱電流治療器エレサス)、ハイトーン治療器ハイチャージ、高電圧治療器ハイボルテージ、超音波治療器)を利用した電気治療と、超音波画像診断機による画像診断。そして、はりきゅう治療、スポーツマッサージ治療を有効に活用し、スポーツ障害(スポーツ外傷)、交通事故治療(むち打ち治療)に力を入れております。バレエ、野球、陸上、卓球競技に帯同してトレーナー活動もしております。
身体の事で悩まれている方は、是非お気軽にお問い合わせください。
日光整骨院 www.t-nikko.com
<< インターハイ予選中の捻挫(≧∇≦)北信越大会を目前にリハビリ調整中( ´ ▽ ` )ノ | main | バトントワリングの治療、原因を探る☆ >>
腰痛の原因は何?問診、触診の重要性!
0

    病院など他院にてぎっくり腰やヘルニアと言われたものの・・・

    「本当にぎっくり腰ですか?」「本当にヘルニアですか?」と問われることが度々ある。




    ぎっくり腰の根拠は何でしょう?



    重い物を持った。急に体勢を変えた。


    この二つが圧倒的に多いと思われます。
    ですから、急激な痛みにより発症したものをぎっくり腰だと考えます。



    では、漠然と腰が痛い時は何が原因?




    今回は運動を毎日する方が、徐々に腰痛が起こり、治療すると症状軽減するが、スッキリしない一例を取り上げます。




    一番簡単に疑える症状は、腰部周辺の筋肉の緊張だと思います。


    しかし、治療の経過をみてみると、筋緊張はある程度軽減しているのに痛みは残存している状態だったらどうでしょう?



    このような場合こそ、内科疾患を疑わなくてはなりません。



    先日は中学生の運動部の女の子。
    経過を聞くと治療開始から症状は少し軽減しているとのこと。
    しかし、徐々に軽度の腹痛も出てきたことから、婦人科系かと思いましたが、痛みはおへその周り。



    婦人科系ならもう少し下の方ですかね。ということで、疑いは消化器系ですね。



    初診から1ヶ月弱の治療を行いましたが、あまり長い間様子を見るのでは無く、腹痛などが確認できた時点で、早目に転院してもらうことにしました。



    整形外科にてMRIまでの検査を行い、小児科にて腹部超音波などによる消化器、泌尿器の検査を行って頂きました。



    結果、異常は何も確認できず、2週間後に再検査だそうです。



    医師の診断としては、腸炎後の症状かと思われます。との返信でした。



    やはり1番可能性が高いのは筋肉の緊張なのでしょうか(*_*)



    検査をして何も無いに越したことは無い。



    今回は何もありませんでしたが、ダラダラと様子を見ることだけは避けたいと改めて思いました。



    たかが腰痛、肩こり、シビレと思いがちですが、本当の症状を知ることが何より大事です。



    ヘルニアだからシビレる。狭窄症だからシビレるは大きなミスに繋がるおそれがありますので、施術者も十分に注意しなければいけませんね。



    問診、触診の重要性はここにあり!



    また見ての☆
    | - | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.t-nikko.com/trackback/981447