SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

福井市日光整骨院健康ブログ

福井県福井市日光2丁目にあります日光整骨院です。当院では、最新治療機器(微弱電流治療器エレサス)、ハイトーン治療器ハイチャージ、高電圧治療器ハイボルテージ、超音波治療器)を利用した電気治療と、超音波画像診断機による画像診断。そして、はりきゅう治療、スポーツマッサージ治療を有効に活用し、スポーツ障害(スポーツ外傷)、交通事故治療(むち打ち治療)に力を入れております。バレエ、野球、陸上、卓球競技に帯同してトレーナー活動もしております。
身体の事で悩まれている方は、是非お気軽にお問い合わせください。
日光整骨院 www.t-nikko.com
<< 2015年、新年明けましておめでとうございます☆ | main | 股関節の開脚をするようになってから… >>
股関節開脚の重要性を高校球児に指導☆
0
    股関節は、運動パフォーマンスを上げるだけでなく、姿勢とも重要な関係を持っています。

    今回は、高校野球部員約40名に対し、開脚の重要性を指導しました。

    短時間集中だったので、十分な指導は出来ませんでしたが、重要性を認識してもらえたと思います。

    開脚はしっかりとした基本姿勢で行えば、必ず出来るようになります。

    先ず、長座、しゃがみ込みの2種類を行い、自身の基本的な柔軟性がどの程度なのか確認してもらいました。

    もちろん出来る人、出来ない人いろいろいます。

    しっかりと、開脚が出来るようになっても、どの程度柔軟性が変化しているのか気付く為にも、わかりやすい評価方法も大事ですね。


    ということで、内野手、外野手に分かれ指導しました。


    ここで大きな違いを発見。

    何と無く想像はついていましたが、ここまで違いがあるとは…


    内野手に比べ、外野手は硬い子が多い。


    やはり、細かい動きをする内野手は股関節の柔軟性が非常に重要となります。

    では、内野手に比べ外野手の柔軟性はそこまで重要視されないのでしょうか?

    もちろん重要です。

    しっかりとした柔軟性があれば、ファインプレーは多く出るでしょう。

    実際に先日チェックした時、外野手であっても好プレーを多く出して来た選手はしっかりと開脚が出来ます☆


    さぁ皆さん、開脚をしようじゃないですか。いつから始めても遅くはありません。やらないよりは、今からやるべきです。時間がもったいない^ ^


    僕は3ヶ月前開脚どころか、長座をしても後ろに倒れてしまうくらい。開脚は90度が限界。

    現在は150度以上の開脚出来る自信があります。春には160度を確実に超えるでしょう。

    大事なのはコツコツする事ですが、私は3ヶ月90日間で、おそらく30日位しかしていません。

    努力は必要かもしれませんが、全てはコツです。

    当院ではしっかり開脚出来るように指導します。

    どうしても出来ない人は、当院にて指導します。ぜひお越しください。

    せっかくなので私の即席写真を公開します。




    現在です。体が暖まれば、もう少し開きそうです☆


    皆さん、開脚しようじゃないですか☆



    またみての☆



    股関節開脚指導は、福井市日光整骨院へ☆
    | - | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.t-nikko.com/trackback/981470