SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

福井市日光整骨院健康ブログ

福井県福井市日光2丁目にあります日光整骨院です。当院では、最新治療機器(微弱電流治療器エレサス)、ハイトーン治療器ハイチャージ、高電圧治療器ハイボルテージ、超音波治療器)を利用した電気治療と、超音波画像診断機による画像診断。そして、はりきゅう治療、スポーツマッサージ治療を有効に活用し、スポーツ障害(スポーツ外傷)、交通事故治療(むち打ち治療)に力を入れております。バレエ、野球、陸上、卓球競技に帯同してトレーナー活動もしております。
身体の事で悩まれている方は、是非お気軽にお問い合わせください。
日光整骨院 www.t-nikko.com
<< 交通事故治療の鉄則☆直後のマッサージは危険☆ | main | 雪解けの投手、外野手はとっても危険! >>
治療とは少しでも痛みが無い時間を作ること。
0
    治療は本当に様々です。


    コネコネ慌ただしいマッサージや、押しているのか押していないかわからない、程の指圧。


    何が正しいかは、患者様と術者(先生)の精神の一致(信頼関係)にあります。


    『早く治したい』その一心だけで先生に任せっきりではダメなのです。ではどういう姿勢で治療を受けたら良いのでしょう?


    患者様は、先生が何をどうしているのかじっと感じ取ることも大事だと思います。


    治療の前には、痛い場所を的確に伝える事はとても大事です。どんな時にどこがどの様に痛い。しっかりと伝えましょう。


    私の考える治療とは、痛みを無くすことが1番大切だと思います。
    痛みと緊張の関係は密接で、痛みがあれば緊張を起こし、緊張が起これば痛みが強くなります。この2つが負のスパイラルを起こします。


    もっとも重要なのは、たとえ一時でも痛みから解放される時間を作ることです。


    長期間痛みを患っている周辺には必ず強い緊張があります。緊張を取ってあげることで痛みが軽減します。


    また、薬には副作用があるといいますが、強い痛みがある時は、薬を飲んででも痛みを止めるべきだと考えます。


    そして同時に治療もするのです。


    早期対応が、悪化を防ぐ最もの『コツ』です。


    酷い怪我をした時は、すぐに痛み止めを飲み、アイシングを行う。そうする事で炎症を最小限に抑える事が出来れば本当に早く治ります。


    同じ事を何度も書きま。痛みは身体を悪くします。

    けっして薬を飲む事が悪いわけではありません。長期間の服用や、身体に負担をかけるような飲み方は避けましょう。

    酷い怪我をした時は、速やかにお医者さんに相談し、自分に合った痛み止めを処方してもらいましょう。

    もしくは最寄りの接骨院、整骨院へ☆


    安静、消炎鎮痛、治療のスリートップでこれからの明るい生活、安心したスポーツライフを楽しみましょう。


    また見ての☆
    | - | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.t-nikko.com/trackback/981475