SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

福井市日光整骨院健康ブログ

福井県福井市日光2丁目にあります日光整骨院です。当院では、最新治療機器(微弱電流治療器エレサス)、ハイトーン治療器ハイチャージ、高電圧治療器ハイボルテージ、超音波治療器)を利用した電気治療と、超音波画像診断機による画像診断。そして、はりきゅう治療、スポーツマッサージ治療を有効に活用し、スポーツ障害(スポーツ外傷)、交通事故治療(むち打ち治療)に力を入れております。バレエ、野球、陸上、卓球競技に帯同してトレーナー活動もしております。
身体の事で悩まれている方は、是非お気軽にお問い合わせください。
日光整骨院 www.t-nikko.com
<< 治療とは少しでも痛みが無い時間を作ること。 | main | 福井県鍼灸師会がミラクルエレファンツ選手と対談 >>
雪解けの投手、外野手はとっても危険!
0
    すっかり春のようなお天気ですね☆
    少しずつ、屋外競技選手の来院が増えてきています。花粉症の方も^^;


    雪解けが危険??

    どうして?滑るから???


    野球では屋内から屋外へと広い場所での練習へと変わり、肩や肘にかかる負担が一気に強くなるからです。


    もちろん、まだまだ寒いこの時期は、体が冷えていることも多く、急な運動により、怪我をすることもあります。


    大学生や高校生ピッチャーが次々と来院され、肘や肩周りの痛みを訴えます。

    比較して、小学生や、中学生は少ないかもしれません。筋力の関係ですかね。


    昨日と、本日は棘上筋損傷(棘上筋炎)『インナーマッスル』の怪我です。
    この症状は外野手や捕手に多いですね。
    私の統計上です。


    投手も外野手も、急に強く投げるわけではないと思います。ですが、体を大きく使い、力強い動きをするポジションなのは間違いないでしょう。


    その他にも、大腿部の痛みや、股関節の痛みなども外野手を中心に多く見かけます。ほとんどがノックの影響です。急に走ったりするからかな。


    では、怪我をしないために大事な事は何でしょう?


    大事なのは適度な《休養》だと考えます。
    急に動き出すということは、筋肉にものすごい負担がかかります。

    必ず筋肉痛が起こるでしょう。


    実は、筋肉痛が起きた時に強い動きをすると、怪我につながります。力が十分に入らなかったり、過度に動きすぎると痛めてしまいます。


    せめて、中1日でも開けてあげることができれば怪我は格段と減ると思われます。


    ただ、勘違いしないでください。筋肉痛は、筋細胞間の炎症です。動いて強い痛みが無く、動く事が出来れば、適度な運動は行っても全く問題ありません。


    全開での運動が危険なのです。


    怪我予防には、ウォーミングアップは重要です。


    そしてクールダウンはもっと重要です。


    『翌日しっかり動きたいな』と思ったら、前日にはしっかりストレッチなど体のケアをしましょう☆当日の過度なストレッチはパフォーマンスを下げたり、怪我の原因になります。


    さぁ、怪我をしないで1番を目指せ☆


    また見ての☆


    | - | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.t-nikko.com/trackback/981476