SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

福井市日光整骨院健康ブログ

福井県福井市日光2丁目にあります日光整骨院です。当院では、最新治療機器(微弱電流治療器エレサス)、ハイトーン治療器ハイチャージ、高電圧治療器ハイボルテージ、超音波治療器)を利用した電気治療と、超音波画像診断機による画像診断。そして、はりきゅう治療、スポーツマッサージ治療を有効に活用し、スポーツ障害(スポーツ外傷)、交通事故治療(むち打ち治療)に力を入れております。バレエ、野球、陸上、卓球競技に帯同してトレーナー活動もしております。
身体の事で悩まれている方は、是非お気軽にお問い合わせください。
日光整骨院 www.t-nikko.com
琉球マラソンからおかえりなさい☆
0
    琉球マラソンに参加された患者様からお土産を頂きました〜?ありがとうございます?



    お土産も嬉しいですが、無事に完走された事がとても嬉しいです*\(^o^)/*お疲れ様でした。

    当院ではランナーを徹底的にバックアップしております。
    初心者からベテランまで幅広く対応し、体の痛み、違和感、不調を改善。思い出に残る大会にできるようサポートさせて頂きます。

    昨年から今年にかけ、各選手のタイムがどんどん上がっています。
    これは当院自慢の治療機器ハイチャージやエレサス、そして、『灸極の鍼灸マッサージ』の効果かと思います。







    皆様のカラダのサポートをさせて頂き、楽しくランニングができるようこれからも頑張ります☆


    スポーツ障害やカラダの不調には、日光整骨院へどうぞ☆
    | - | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    もしも、交通事故にあってしまったら‥‥弁護士にご相談を!
    0
      おはようございます。とても良いお天気で、運動には最高の気候ですね。
      ドライブに出かける方も多いと思います。


      そんな中、予想もしない出来事。それが交通事故だと思います。時には被害者になる事も、被害者かと思いきや、明日は我が身。加害者になる事もあるかもしれません。


      当院では患者様の立場になり、治療はもちろんの事、弁護士さんとも提携しています。
      弁護士さんにご相談されることで、実は示談交渉が適正、スムーズに行われます。


      当院スタッフも、ご相談に対し十分な説明が出来るよう、弁護士の先生をお招きし研修を行っております。


      知ってるようで知らない真実。相手の保険会社さんの提示した金額が適正なのか、一般の方ではわからないのが実際です。


      保障には、治療、慰謝料、休業補償、交通費、場合によっては後遺障害など多くの項目があり、さらに金額も様々です。


      しっかりとした医療機関で、しっかりとした知識のもと治療を受けられていますか?
      身体の事、保障の事等を相談をした時、しっかりとした答えが返ってきますか?


      皆様の明るい未来の為☆十分な知識のある施術所をお選びください。



      またみての☆
       
      | - | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポニチ一押し!福井のダル、敦賀気比高校山崎投手☆
      0
        なんと6回16Kとは!!!


        そして11連続とは!


        しかし、相手が兵庫商業です。
        今年度のチームはわかりませんが、昨年度の兵庫大会では、ほとんどの試合で初戦敗退。


        ただ連続11Kとは本当にスゴイね☆



        長身がものを言うのでしょうか。速度は140程度。体感はもっと速いんでしょうね。近いうちに150位投げたら正真正銘のダルになること間違いなし!


        さて、23日甲子園球場で、奈良大付属との戦い。エース平沼投手と、山崎投手で完全勝利なるか?


        楽しみにしてます☆


        私自身は、福井工業大学に未来のダルが居るように思えますが…独り言。


        またみての☆


        | - | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        本日来院の患者様、6割が野球選手だった
        0
          びっくりしました。なんと本日来院患者の半数以上が野球選手だった^^;

          久しぶりに驚きました。



          もうすぐ公式試合が始まるからですね☆がんばれ〜(^o^)/



          日光整骨院は、野球専門とは言いませんが、野球選手が少しでも楽に、楽しく練習が出来るようサポートさせて頂いています。



          もちろん一般の方も来られます。スノーボーダーだっりテニスプレイヤーだったり。空手家、柔道家、剣道家の子も〜。



          スポーツ障害は本当に面白いんです。
          原因があるからです。



          明日も野球肩オペ後の症状に対し相談の予約が入っています。
          お役に立てるかなあ〜?^^;



          もっともっと勉強して皆様のお力になれるよう頑張ります(^o^)/



          また見ての〜(^o^)/
          | - | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          福井県鍼灸師会がミラクルエレファンツ選手と対談
          0
            先週の日曜日、BCリーグミラクルエレファンツの選手や関係者と対談する機会がありました。



            鍼灸師会の研修の一環として、3年後の福井国体で鍼灸師の立場上、どのような活躍ができるのかなど話し合いました。


            ただ、インパクトが強かったのは、BCリーグは金銭面で非常に困っているということです。


            もう少し費用があればもう少し強くなるかもしれません。選手も実力が発揮できるかもしれないのです。


            試合は毎回バスでの移動。
            バス移動は長旅となり、体への負担がとっても強くなるわけです。


            そんな中、試合。
            夜中にバスに揺られながら帰宅。
            翌日試合。


            とっても過酷なスケジュールをこなしているのです。


            そんな環境の中、我々鍼灸師、柔整師が出来ることはカラダのケアです。


            ですが、治療に行くお金もなかなか出てこないのが現実だそうです。


            当院にもミラクルエレファンツが発足した当初から多くの選手が来院されましたが、お金が無いことはうすうす感じていました。


            その結果治療が受けれない選手も出てくるのかと思うと、そんな不公平なことは無ありません。


            僕の思想は皆平等。
            富裕層をターゲットにした高額治療ではなく、低コストにすることで、誰もが平等に治療を受けることが出来る環境を作ることです。


            その結果、続けて来院することができ、安心して治療が受けれるのです。


            以前このような農家のおじさんが、テレビに出ていました。

            野菜はとっても美味しい。これだけの手間暇かけて、これだけの味であればもっと単価を上げても売れるはず。

            しかしおじさんはこう言うのです。

            どれだけ手間暇かけて美味しい野菜を作っても、この美味しい野菜をみんなに食べてもらいたい。


            共感しました。


            私も同様です。


            治療内容は良いものを提供。
            価格は低料金。


            利益は薄い。だけど多くの方に受けていただきたいのです。

            利益先行の治療はしたくないのです。人と人の繋がり=人情だと考えます。


            話を戻します。


            みなさん、BCリーグは金銭面で非常に困ってます。


            今、我々がお手伝いできることはファンクラブへの入会だと思います。

            せっかくある福井ミラクルエレファンツ☆福井に住んでいるなら、是非みんなで応援しようじゃないですか(^o^)/


            また見ての☆
            | - | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            雪解けの投手、外野手はとっても危険!
            0
              すっかり春のようなお天気ですね☆
              少しずつ、屋外競技選手の来院が増えてきています。花粉症の方も^^;


              雪解けが危険??

              どうして?滑るから???


              野球では屋内から屋外へと広い場所での練習へと変わり、肩や肘にかかる負担が一気に強くなるからです。


              もちろん、まだまだ寒いこの時期は、体が冷えていることも多く、急な運動により、怪我をすることもあります。


              大学生や高校生ピッチャーが次々と来院され、肘や肩周りの痛みを訴えます。

              比較して、小学生や、中学生は少ないかもしれません。筋力の関係ですかね。


              昨日と、本日は棘上筋損傷(棘上筋炎)『インナーマッスル』の怪我です。
              この症状は外野手や捕手に多いですね。
              私の統計上です。


              投手も外野手も、急に強く投げるわけではないと思います。ですが、体を大きく使い、力強い動きをするポジションなのは間違いないでしょう。


              その他にも、大腿部の痛みや、股関節の痛みなども外野手を中心に多く見かけます。ほとんどがノックの影響です。急に走ったりするからかな。


              では、怪我をしないために大事な事は何でしょう?


              大事なのは適度な《休養》だと考えます。
              急に動き出すということは、筋肉にものすごい負担がかかります。

              必ず筋肉痛が起こるでしょう。


              実は、筋肉痛が起きた時に強い動きをすると、怪我につながります。力が十分に入らなかったり、過度に動きすぎると痛めてしまいます。


              せめて、中1日でも開けてあげることができれば怪我は格段と減ると思われます。


              ただ、勘違いしないでください。筋肉痛は、筋細胞間の炎症です。動いて強い痛みが無く、動く事が出来れば、適度な運動は行っても全く問題ありません。


              全開での運動が危険なのです。


              怪我予防には、ウォーミングアップは重要です。


              そしてクールダウンはもっと重要です。


              『翌日しっかり動きたいな』と思ったら、前日にはしっかりストレッチなど体のケアをしましょう☆当日の過度なストレッチはパフォーマンスを下げたり、怪我の原因になります。


              さぁ、怪我をしないで1番を目指せ☆


              また見ての☆


              | - | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              治療とは少しでも痛みが無い時間を作ること。
              0
                治療は本当に様々です。


                コネコネ慌ただしいマッサージや、押しているのか押していないかわからない、程の指圧。


                何が正しいかは、患者様と術者(先生)の精神の一致(信頼関係)にあります。


                『早く治したい』その一心だけで先生に任せっきりではダメなのです。ではどういう姿勢で治療を受けたら良いのでしょう?


                患者様は、先生が何をどうしているのかじっと感じ取ることも大事だと思います。


                治療の前には、痛い場所を的確に伝える事はとても大事です。どんな時にどこがどの様に痛い。しっかりと伝えましょう。


                私の考える治療とは、痛みを無くすことが1番大切だと思います。
                痛みと緊張の関係は密接で、痛みがあれば緊張を起こし、緊張が起これば痛みが強くなります。この2つが負のスパイラルを起こします。


                もっとも重要なのは、たとえ一時でも痛みから解放される時間を作ることです。


                長期間痛みを患っている周辺には必ず強い緊張があります。緊張を取ってあげることで痛みが軽減します。


                また、薬には副作用があるといいますが、強い痛みがある時は、薬を飲んででも痛みを止めるべきだと考えます。


                そして同時に治療もするのです。


                早期対応が、悪化を防ぐ最もの『コツ』です。


                酷い怪我をした時は、すぐに痛み止めを飲み、アイシングを行う。そうする事で炎症を最小限に抑える事が出来れば本当に早く治ります。


                同じ事を何度も書きま。痛みは身体を悪くします。

                けっして薬を飲む事が悪いわけではありません。長期間の服用や、身体に負担をかけるような飲み方は避けましょう。

                酷い怪我をした時は、速やかにお医者さんに相談し、自分に合った痛み止めを処方してもらいましょう。

                もしくは最寄りの接骨院、整骨院へ☆


                安静、消炎鎮痛、治療のスリートップでこれからの明るい生活、安心したスポーツライフを楽しみましょう。


                また見ての☆
                | - | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                交通事故治療の鉄則☆直後のマッサージは危険☆
                0
                  交通事故直後、痛みが強く苦痛を訴える方が多く見られます。


                  では、事故直後の適切な対応は、どうしたら良いでしょうか?


                  事故直後、救急で病院に行く事が多いと思います。1日2日後に行かれる場合もあると思います。
                  病院では、レントゲンやCTにて画像検査を行うことが多く、特に問題がなければ、痛み止めのお薬やビタミン剤などの緊張を和らげるお薬を頂き、様子を見て下さいと言われる事が多いと思います。


                  その通りで大丈夫です☆これが最も有効です。


                  事故直後は患部に非常に強い炎症があります。痛み止め《消炎鎮痛剤》が非常に有効なのです。
                  そして筋肉の緊張も強く見られます。


                  一般的に、体の辛い時はマッサージや指圧を行うと楽になるイメージがあるかもしれませんが、もしマッサージをするとどうなるのでしょう?


                  痛みの強い場合にマッサージを行うと、その痛みは更に痛くなるでしょう。カイロプラクティックや、整体も同様の反応が出ること間違えありません。


                  その理由は炎症があるからです。
                  もちろん入浴も厳禁です。


                  事故直後は安静に、ゆっくり休むことが1番なのです。


                  では、薬を飲む以外に何か出来ることはないのでしょうか?


                  出来ることはただ一つ☆


                  微弱電流治療は有効だと思われます。
                  急性期でも安心して受けていただくことが出来ます。もともと体の中に流れている電流だからです。

                  鍼灸治療も筋膜にしっかり働きかけ、微弱電流を流した時と同様の効果が認められますね☆


                  当院の微弱電流治療器エレサスは抜群の治療効果を発揮してくれます☆フル稼働中です^^;


                  また、炎症が少し落ち着いてきた頃にはドイツ生まれのハイチャージがとっても有効です。


                  昨年から、車両全損になってしまう様な大きな事故の患者様が多く来院されましたが、早い時期からハイチャージをかけていく事で、とっても良い治療効果がみられます。


                  事故治療で大事なのは、後遺症を最小限に抑えることです。


                  早目の手当てが大事です。


                  安心してください。
                  人間の自然治癒力は素晴らしいですよ。体は約3ヶ月である程度の回復力を持っています。6ヶ月経過すれば、もっと回復してくれます。

                  その回復の邪魔をせず、その回復を促進、手助けしてあげる事が治療なのです。


                  皆様には、間違えのない適切な治療を受けて頂き、少しでも早く改善していただければと思います。



                  またみての☆
                  | - | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  椎間板ヘルニアの原因とは☆
                  0
                    ヘルニアを検索すると、本当に多くの検索に引っかかるでしょう。

                    そんな中、今回は私自身の意見、考察のみを書かせて頂きます。正直な考えです。是非最後まで目を通してください。そして、これが絶対ではありません。

                    椎間板ヘルニアの症状は大きく2つ。
                    1つは椎間の痛み。そしてその周囲である腰部の痛み。もう1つは神経痛です。

                    腰部の痛みも、神経痛の痛みも、様々な場所に起こります。

                    腰椎は5個。どこの骨の間で問題が起こり、どこの骨の下から出ている神経が圧迫されるかで変わるのです。



                    では、その原因は一体なんなのでしょう?

                    突然の大きな外力《交通事故など》により起こる事があるかもしれませんが今回はそのような原因を除き、一般的にスポーツや日常生活の中から起こるものに限定します。


                    まず、第1の原因は腰部の筋緊張です。
                    筋緊張が強くなれば椎間を狭くします。

                    左右両方の緊張が強ければもっとも負担が強くなりますが、多くの方が左右どちらかに問題があることがほとんどです。

                    日常生活の中で大半を占めるのは、寝ている時間か、家事育児、学業を含む仕事等をしている時間だと思います。

                    その時の姿勢が1番腰部の筋緊張に関係してくるのです。人には必ず得意不得意の動きがあります。ですから、必ずと言って良いほど左右筋緊張のバランスは均一とは言えません。

                    では、腰が痛い。右足がシビレるという症状。ヘルニアが右側で起こっていると考えられますが、どうして右側にヘルニアが起こったのでしょう?

                    ここが1番のポイントです。

                    病院に行かれたり、当院へ来院される頃には、多くの方が痛い側の筋緊張が強いのです。

                    ここで、ちょっと気になることがあります。ヘルニアは緊張の強い方に出るのでしょうか?ヒントはこの《ヘルニアが出る》です。ここからは、ヘルニアが起こるでは無く、イメージしやすく、ヘルニアが出ると表記します。

                    ヘルニアは自ら出てくるものではありません。いわゆる押し出されて出てくるのです。ということはヘルニアが出る方の腰部が凸状態になっているということです。

                    筋緊張が強いと凸ではなく凹になるはずです。右側凸なら左の筋緊張が強いということです。

                    答えが出ました。右側にヘルニアが起こったということは、そもそも左側の筋緊張が強く、左へ腰が曲がり右側に押し出す力が持続したと考えられます。

                    簡単ですね。多くの医療機関では、体質、職業病、姿勢が悪い、腰部の緊張が強い、などの曖昧な説明しかしてくれないと思います。

                    押し出されるという事を考えれば、治療するポイントも変わってきます。

                    もちろん、鎮痛を目的とした患部の治療は重要です。しかし、健側の治療をしないと症状の改善に違いが出る事は間違いありません。

                    そして、ここでも重要なのは腸腰筋です。両側とも治療のポイントとなります。臀部、大腿部の筋も大事ですね。

                    治療も大事ですが、それ以上に日常生活での姿勢が大事だと思います。
                    悪くなった姿勢はどの時なのか?座っているときなのか?立っているときなのか?運動中なのか?仕事中なのか?プライベートなのか?もしかして寝ている時なのか?

                    原因を追究し、その改善も確実に行う必要があるでしょう。


                    ヘルニアになれば、しばらくの間は必ず痛みや痺れとの格闘です。


                    治療を行う事で、症状は軽減すると思います。直ぐには完治しないかもしれませんが、多くのヘルニアは数年後に症状が軽減、改善する事が多くあるので、焦らずじっくりと治療を行い、少しでも良い環境を作り見守ってあげましょう。


                    最後になりますが、足の痺れだけであれば、リハビリなどの物理療法で良いのですが、力がかからないなど、筋力の問題が出たときは直ぐに医療機関、医師の診察を受けてください。


                    皆様の健康と安心をお届けする日光整骨院吉田の独り言でした。



                    またみての☆

                    | - | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    バスケットボール練習中に転倒し筋損傷《肉離れ》
                    0
                      ちょうど1週間前の金曜日の夜の出来事でした。

                      足を引きずりながら歩いて来る少女(u_u)

                      バスケットボール練習中に転倒し、立ち上がったら足が着けない位痛かったようです。おそらく、転倒時に踏ん張った時に挫いたのか、足首を少し捻って筋肉が伸ばされた時挫いたかでしょう。


                      やや腫れており、圧痛は強くありました。

                      今までは電気治療を行いましたが、今回は鍼灸《はり、きゅう》を勧めてみると、了承して貰えました。その訳は…




                      明日の土曜日は、夏の大会?のトーナメントを決める大事な予選試合だとか。



                      ハリをした後、得意の微弱電流治療エレサス^^;
                      治療後、痛みは少し軽減☆
                      そして皮内鍼を貼り、クリオマッサージローションを刷り込み終了☆


                      翌朝、診療前の時間ですがテーピング☆
                      動けそうだったのでGO☆
                      もしも動けなかったと仮定してもきっと本人はGO^^;笑


                      そんな環境でした。


                      2試合を勝ち進み、翌日曜日は準決、決勝☆


                      土曜は時間外ですがもちろん診療☆


                      痛みは残ってますが、運動した後にしては上出来☆


                      再度、はり、きゅう治療を行い、エレサス^^;エレサス大好きです☆


                      日曜も朝一番にテーピング☆


                      バッチリ痛みをカバーし、しっかり動けるように補助しました☆



                      気になって気になって結果は自分でネットで確認しちゃいました☆


                      なんと!


                      優勝してるじゃないですか(^o^)/


                      これでトーナメントはシード確定ということですね☆頑張りました(^o^)/



                      そして今日、貸し出ししていたサポーターと一緒に美味しいお菓子を頂きました☆本当にありがとうございます。



                      アンパンマンがいる?笑


                      お菓子ありがとうございます。優勝もありがとうございます☆またまた仕事の活力が湧いてきました☆


                      優勝してもらえれば、どんなに早起きしても、どんなに遅くに治療しても、私は本当に幸せです☆


                      嬉しい☆ありがとう☆


                      次も頑張ろうね☆


                      今回のように翌日動けるようにもっていくコンディショニング調整には、安静時の固定を極力避けるべきだと思います。もちろん程度によっては必要最小限の固定は必要かもしれません☆



                      捻挫の場合も、できる限り固定期間は短くする事が理想だと思います。動かしてはいけない動きだけを制限し、負荷をかけていくことが大事なのです☆


                      このように、カチカチのギプス固定をできる限りのしない整骨院です☆ただし、一定期間の運動制限はありますよ☆後遺症を残したくないのなら、直後は安静です。


                      安静の時はしっかり安静、動けるようになり次第、少しずつ動く☆鉄則です☆



                      また見ての☆
                      | - | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |